戦略コンサル出身の弁理士による知財コンサルティング

知財を活用した事業・経営で成長する

特許や商標などの知財を事業・経営方針に沿って取得し、商品・サービスの価値向上に有効に活用しましょう。

知財の活用

特許・商標などの知財を、商品・サービスの独占実施に用いたり、ライセンス時の小売商力にしたり、最後は売却するなど、十分に活用しましょう。

権利の取得

事業プランを最大化するツールとして知財を取得時から計画的に取得していきましょう。

中国知財

中国の特許出願件数は日本の5倍以上、活発です。中国最大手の特許法律事務所と共にお支えします。

外資系コンサルで鍛えた弁理士による戦略策定・実行支援

SEIRYU IPは、お客様が保有する特許や商標を有効に事業に活用する知財コンサルティングにルーツがあります。特に中小・ベンチャー企業は一つの知財が事業の成否にダイレクトに結びついている場合が多いので、最初から目的をもって適切な権利を取得することが重要です。

経営・事業における経営者の真の悩みをカウンセリング

現代のグローバルな時代において、経営者は自身の「事業」そのものだけなく「知財」にも気を使わなければなりません。SEIRYU IPは経営者が気付きにくい知財に関係するお悩みのカウンセラーとして、時にはセカンドオピニオンとして活動します。

事業を理解した上で適切な知財を提案する

SEIRYU IPは、お客様の事業内容・事業戦略などをしっかり理解した上で、特許・意匠・商標などの適切な知財を提案します。お客様との関係を単に一件一件の出願事案で完結してしまう従来型特許事務所と異なるところです。

いつでも使える状態で中国知財を準備する

SEIRYU IPの代表弁理士は中国最大手の特許法律事務所の顧問を務めており、中国弁理士・弁護士とのダイレクトチャンネルがあります。中国における特許・商標の出願から知財訴訟・知財の売買まで安心してお任せいただけます。

知財を権利としてまたはノウハウとして保護し事業に生かす

SEIRYU IPは、知財をどのような形で保持し事業に生かすことが経営者にとって最適かを見極めたコンサルティングを心がけています。

知財初心者の経営者様にも丁寧に説明します

知財初心者の経営者様にも丁寧に説明します

会社名、商品・サービス名の商標出願や活用方法、経営者のアイデア・発明の整理と特許出願など、知財初心者の経営者様にも事業への知財活用をしっかりと説明した上で知財取得をしていただきます。

知財を取得することが目的ではなく上手く活用できていることが重要

知財を取得することが目的ではなく上手く活用できていることが重要

SEIRYU IPは知財コンサルティングをベースにした知財支援組織です。知財取得目的が明確なお客様にはより魅力的な価格で、知財の事業への適用がこれからのお客様にはしっかりと相談に乗った上で知財の取得・活用を提供します。

中国知財の取得・活用は顧問先の大手中国特許法律事務所が全面的にサポート

中国知財の取得・活用は顧問先の大手中国特許法律事務所が全面的にサポート

顧問先の中国特許法律事務所は、中国各都市に支所を構えた中国有数の大手事務所であり、知財経験豊富なパートーナー弁理士らをはじめ日本語で意思疎通ができるので安心です。

グローバルな活動を通じて適切なコンサルティングを提供する

SEIRYU IPは、中小企業・ベンチャー企業にもグローバルスタンダードの最適なサービスを提供するため、日々ネットワーク構築や情報収集に力を入れています。

事業に知財を生かすSEIRYU IPの知財コンサルティング

・社名、商品・サービス名を商標化して自社ブランドを構築
・事業のコアと従来との違いを明確化して要所を特許で守る
・中国知財をしっかり準備して巨大市場の中国で事業を拡大

サービスのご案内

SEIRYU IPは、中小企業経営者様が抱える知財その他の様々な問題に対してスポットでのカウンセリングサービス、商標や特許の出願代理や知財の取得・戦略立案などを自由にご相談いただける知財顧問サービス、中国での特許・商標取得や特許明細書の中国語などへの特許翻訳サービスなどを提供しています。

知財コンサルティング
「事業と知財がうまく噛み合っていない」「アイデアレベルで特許事務所に依頼する状態になっていない」「中国だけ特許を取れればよく日本の特許は不要」など、知財に関するあらゆるご相談に対応します。
(中堅・中小企業様向け)知財顧問
経営課題の一つとしての知財相談、セカンドオピニオン、中国への事業展開時のサポートなどの知財コンサルティングや知財取得など毎月の定例ミーティングを通じて、知財アドバイザーやCIPOの一部機能を実現します。
(特許事務所様向け)特許翻訳
特許翻訳専門の翻訳技術者による①日本語、②中国語(簡体字)、③台湾語(繁体字)及び④韓国語の相互間の翻訳を行います。現地語に翻訳された特許出願原稿を受け付ける海外の特許事務所もご紹介します。

お電話又はオンライン会議システムによるご相談

まず右のお問い合わせフォームでご相談ください。ご相談内容を詳細にお伺いする際には電話又はオンライン会議システムだけでなく、Face to faceミーティングも併用しています。

メールによるお問い合わせ

最新記事

お問い合わせ

弊社にご興味をお持ちいただきましてありがとうございます。お問い合わせの内容を確認し、折り返しご連絡いたします。
お問い合わせいただきました内容は、弊社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様のご同意なく第三者に開示・提供することはございません。